トップページ → 体重とメタボについて

体重とメタボについて

メタボと体重の関係性について、正しく把握することで適切なダイエット方法が分かるようになります。
メタボになると外見が悪くなるだけではなく、様々な病気の原因になることもあるのです。
そもそもメタボとはどのような状態を指しているのでしょうか。
メタボリックシンドロームもしくはメタボリック症候群と呼ばれており、医療関連の学会によって基準が違います。
とはいえ、内臓脂肪が多い状態のことを指していると言ってよいでしょう。
放置しておくと、糖尿病や高脂血症、高血圧、動脈硬化を引き起こすことがありますので、注意が必要です。
メタボであることを診断する際は、いくつかの基準と比較していきます。
1つは体重と胴囲です。
計測して基準を超えていた場合は、更に血圧や血糖値、中性脂肪、コレステロールの数値を見ていきます。
血糖値は食事後に上がるものですので、空腹時の数値を参考にするようです。
この中で、2つ以上の数値がメタボの基準値を超えていた場合は、はじめてメタボだと診断されることになるでしょう。
万が一メタボであることが分かった場合は、食生活を変えたり運動を取り入れることから始めなければなりません。
食事の量を減らすだけではなく、内臓脂肪を燃焼させていく必要があるのです。
ただ単に体重だけを減らしても、体脂肪は燃焼していきませんので、運動は欠かさず行うようにしましょう。