トップページ → 皮下脂肪と内臓脂肪による肥満

皮下脂肪と内臓脂肪による肥満

体脂肪には大きく分けて2つの種類があります。
1つは、皮下脂肪であり、もう1つは内臓脂肪です。
見分け方としては、皮下脂肪の方が皮膚の上から摘むことができる脂肪のことを指しており、内臓脂肪は内臓の周り付いてしまった脂肪で摘むことができないものということになるでしょう。
皮下脂肪は身体の表面に近いことから、たるみやセルライトの発生で見分けることができます。
そのため、どの程度脂肪が付いてしまったかが一目瞭然なのです。
普段は、衝撃を抑える役割を果たしていたり、エネルギーに変換して生命を維持するために用いられています。
一方、内臓脂肪は健康診断等を受けないと分かりません。
スタイルが良い人でも、内臓脂肪が蓄積されているケースは少なくないのです。
内臓脂肪もエネルギーの源となっていますが、使用されない分は脂肪となるため動脈硬化などの原因となります。
いずれにしろ、脂肪を溜めこまない身体作りが必要となるといえるでしょう。
解消するためには、食生活や運動を取り入れなければなりませんが、急激な運動は関節や身体全体の負担となります。
また、性別によっても付きやすい脂肪の種類が変わってくるものです。
男性は内臓脂肪の方が付きやすくなっていますし、女性であれば皮下脂肪の方が付きやすくなっています。
生命の危険に直結しているのは内臓脂肪の方ではありますが、内臓脂肪は血液が循環している近くに出来ることから、増えるもの早ければ減るもの早い脂肪であるとも言われています。
ダイエットに取り組む際は、これらの違いを把握しながら適切な方法を取り入れるようにしましょう。